ひとつの出会い
ひとつの出来事を
大事にすることが
より良い建物つくりにつながると信じて